TGの基準値・正常値

健康診断や診察の血液検査で気になる数値の一つが
TG値とも呼ばれる血中の中性脂肪の値だと思います。

 

中性脂肪はどのあたりだと正常値で、どのくらいになると注意や治療が必要となってくるのでしょうか?基準となる値と正常値の範囲を説明します。

 

中性脂肪の値は、血液中のコレステロールと中性脂肪値を測る脂質検査を通して測定することができます。一般的に検査時は空腹時であることを必要とします。

 

これはなぜかというと、血中の中性脂肪は食事によって取り込まれる外因性のものと、肝臓で合成され血中に放出される内因性のものと2種類があるためです。
外因性の中性脂肪による数値への影響が非常に大きく、数値上では外因性の中性脂肪か内因性の中性脂肪か区別をつけることができないからです。

 

以下に空腹時においての血中の中性脂肪値の基準を示します。(単位:mg/dl)

 

29以下:低中性脂肪血症

 

30 〜149:正常値

 

150〜299:境界域?軽度高中性脂肪血症

 

300〜749:中等度高中性脂肪血症

 

750以上:高度高中性脂肪血症

 

値が正常値の範囲外であった場合、
各症状への対処法は検査結果に基づき、中性脂肪値で違いがあります。

 

29以下:低中性脂肪血症

原因となる病気の有無の検査や診察が始まります。

 

150〜299:軽度高中性脂肪血症

異常との境界域のため、食事療法や運動療法によって状態改善を図ります。

300〜749:中等度高中性脂肪血症

食事療法、運動療法を行って生活の改善を行います。
中性脂肪以外に他の危険因子の存在が検査などで分かった場合は投薬による治療などが行われます。
中性脂肪値が500mg/dl以上の人は禁酒も追加されます。

 

750以上:高度高中性脂肪血症

 

膵炎のリスクが高まっている状態のため、薬物治療を行います。
中性脂肪値が1000mg/dl以上である場合はそのリスクが非常に高く、
迅速な治療が余儀なくされます。

 

 

中性脂肪値は、高くても低過ぎても問題が生じます。
そして、どちらの場合であっても生活習慣に何かしらの問題があると思われます。

 

また、数値が基準値であったとしても、内臓脂肪などの存在によって数値に出ない不健康状態に陥っている人もいます。

 

数値が正常範囲内だったからといって油断せずバランスのよい生活を心がけることが大切です。