中性脂肪と悪玉コレステロールLDLに相関関係はある?

中性脂肪と悪玉コレステロールには相関関係があるのでしょうか。
そもそも、中性脂肪とコレステロールの違いがよく分からない人も多いかと思います。
中性脂肪もコレステロールも体内に存在する脂肪の形式の種類の一つです。
しかし、その用途が異なっているので違いがあります。

 

中性脂肪は基本的に、脂肪細胞という細胞の中に取り込まれています。
これはエネルギーが必要となった時のために貯蔵されていると言ってもいいでしょう。
一方でコレステロールは細胞膜、ステロイドホルモン、胆汁酸などといったものの材料として使われる脂肪のことを指します。

 

コレステロールには、HDLという善玉コレステロールと、LDLという悪玉コレステロールの2種類が存在します。

 

LDLは食物から摂取したり肝臓で合成されたり、血液中を通って全身に運ばれて最終的には細胞膜やホルモンの合成に使用されます。
しかしながら、血中のLDLが過剰になってしまうと血管壁の脆くなっているところなどを中心に付着していき、
血管の内側の空間を狭くしてしまい、最終的には動脈硬化の原因となります。

 

一方、HDLは血管に付着したLDLを除去し、肝臓へ運搬する作用を持ちます。
血液をサラサラで健康な状態に保つには、HDLが多く、LDLが少ない状態が好ましいと言えます。

 

最近の研究で、血中の中性脂肪が増えると善玉コレステロールであるHDLが減少し、悪玉コレステロールであるLDLが増えることが分かってきました。
インスリンが正常に作用しなくなってしまう糖尿病が結果的に血中の中性脂肪を増加させてしまい、LDLを増やしてしまうこともあります。

 

LDLも中性脂肪も体の組成においてある一定量は確かに必要な物質ではあるのですが、大量に体内で余ってしまうと、健康に悪影響を及ぼし重篤な病気を引き起こすことになります。まずは、体内で中性脂肪を増やすことのないような生活を心がけるよう意識して行動することが大変重要です。