中性脂肪にはオメガ3で対抗

中性脂肪が体内で増加すると、病気の原因になることはもう皆さんご存知かと思います。
ついつい、「油は太るからカラダに悪い!」「なるべくオイルカットしないと!」と油を目の敵のように扱い、
食生活から極端に排除してしま人が時々いらっしゃいます。太りたくないし、病気になりたくない、という気持ちは大変良くわかるのですが、「油」もカラダに必要な栄養素の一つで、カラダを動かすエネルギー源になったり、細胞の調子を整えたり、といった大事な役割を担っているのです。
完全に排除、というのは逆にカラダに悪くて考えものなのです。
では、油はどのようなことに注意して摂取すれば良いのでしょうか。

 

実は油、と一言でいっても油には種類があることをご存知でしょうか。
そもそも油は、油脂に含まれる脂肪酸の種類によって大きく二つに分かれます。
動物性の脂肪や熱帯植物に含まれる脂肪に多く含まれるのが「飽和脂肪酸」、
植物性の脂肪や魚の脂肪に多く含まれるのが「不飽和脂肪酸」です。

 

飽和脂肪酸は、中性脂肪やコレステロールの増加の原因となりやすく血液をドロドロにして流れを悪くすることがあるので、摂り過ぎには注意が必要です。

 

不飽和脂肪酸は更に、「トランス脂肪酸」「オメガ9」「オメガ6」「オメガ3」に分類されます。
一つひとつ見ていきましょう。

 

トランス脂肪酸は非常にカラダに悪いことで有名です。
心臓疾患だけでなく、認知機能低下、流産・死産のリスク上昇、アレルギー、骨の発育不全など様々なリスクを引き起こす物質です。
加工された油脂に含まれるので、なるべく摂取しないことが賢明です。

 

オメガ9はオリーブオイルや米油が有名で、悪玉コレステロールだけを下げるという特徴があります。
オメガ6も悪玉コレステロールを下げるのですが、善玉コレステロールも下げてしまう特徴があり、過剰摂取には注意が必要です。

 

オメガ3はEPA、DHA、αリノレン酸が多く含まれる油のことを指します。
食品としてはブリ、イワシ、サンマなどの青魚や亜麻仁油、えごま油に含まれています。
オメガ3はコレステロール値を低下させ、血液をサラサラにしてくれる効果を持ち、細胞の状態を調節する役割も持ちます。
中性脂肪値が高い人には是非オススメしたい油です。

 

というのも、最近の食文化が肉食化・洋食化してしまったことで、青魚の摂取量が減り、なかなかオメガ3を必要量摂れている人は少なくなっているそうです。
摂取にあたって注意したいことは、オメガ3が非常に酸化しやすい油なので、高温加熱を避け、油類は冷蔵庫で保存し早めに使い切ることが非常に大切です。

 

かといって、オメガ3ばかり取ればいい!というわけではなく、各脂肪酸には体内での役割がそれぞれあるので、飽和脂肪酸、オメガ9、オメガ6、オメガ3をバランスよく摂取することが健康への秘訣といえます。
ただ、現在の食生活ではオメガ3の摂取量が一番少ない方向へ偏りがちなので、オメガ3摂取への意識は高く持っておいたほうがいいと思います。