中性脂肪対策に使える、トクホとサプリメント

中性脂肪対策の補助的な役割として、トクホやサプリを利用してみるのもいい手です。
医薬品とは違いますので、積極的な改善までは望めませんが、お守り代わりの存在にもなり得ますよ。

 

中性脂肪対策に使えるトクホ

トクホ(特定保健用食品)とは、特定の効果を厚生労働省が認めた食品。

 

たとえば「中性脂肪が気になる人に」と表示されているトクホであれば、
中性脂肪値の上昇を抑える効果や、中性脂肪の代謝・消費を促す効果などが期待できるわけです。

 

同じ食品を買うなら、商品にトクホマークがついていて、
さらに中性脂肪についての記述があるものを選ぶといいでしょう。

 

これを徹底するだけでも、トクホをまるで意識しない生活との差は出てくるはずです。

魚のDHA&EPAパワーで中性脂肪値が下がる?

そのトクホ製品で中性脂肪が気になる方に注目されているのが「イマークS」。

 

イマークSには中性脂肪を下げる働きのあるDHA&EPAが入っていて、
1日に必要な摂取量の約9割をイマークSで摂れます。

 

実際に臨床検査をしたところ、
被験者の血中中性脂肪が平均20%低下したという結果が出ています。
飲むだけで中性脂肪対策になるので、食事管理に自信のない方にオススメのトクホアイテムです。

 

中性脂肪対策に使えるサプリメント

サプリメントは医薬品ではなく栄養補助食品ですから、過度な効果は期待できませんが、
それでも「体のメカニズム的に中性脂肪に対する働きかけを期待できる成分」というのはいくつかあります。

 

血液中の脂質を減らそうと働きかけてくれるセサミン、脂質の代謝にかかわるL-カルニチン
中性脂肪によるドロドロ血の流れを改善しようとしてくれるナットウキナーゼやDHA
脂質や糖質をエネルギーとして活用させやすくするコエンザイムQ10などがおすすめできるサプリメント成分の例ですね。

トクホやサプリメントは、あくまで中性脂肪値改善の「脇役」

というわけでおすすめのトクホやサプリメントについて少しご紹介しましたが、
これらはあくまでも中性脂肪値改善をサポートするだけの「脇役」であって、主役ではありません。

 

中性脂肪値改善のための主役は、生活習慣の見直し・適度な運動・食生活の見直しの三本柱であるということを忘れないようにして下さい。