玉ねぎの血液サラサラ成分

ではまず、玉ねぎにどんな「血液サラサラ成分」
が含まれているのかをご紹介しましょう。

 

硫化アリル

まず、玉ねぎの血液サラサラ成分の中でも、特に注目したいのが、
玉ねぎのにおいの元となっている成分・硫化アリル。

 

 

硫化アリルそのものに血栓予防効果があるだけでなく、
「ビタミンBの働きをサポートし、
その効果の持続時間を長くしてくれる」

 

という作用もあります。

 

 

ビタミンBは、糖分の代謝を促進させて
血糖値上昇を抑えてくれる作用を持っていますから、

 

玉ねぎの硫化アリルがあれば、
「血糖値の急上昇が長時間抑えられる」ということになりますね。

 

硫化プロピル

次に注目したいのは、玉ねぎの辛み成分である硫化プロピル。
この成分もすごいですよ。

 

 

中性脂肪・コレステロール・血糖値、
それらをすべて下げるという効果があります。

 

そして、玉ねぎならではの成分と言えば、
玉ねぎ独特の黄色がかった色を出すための
色素・ケルセチンも忘れてはいけません。

 

 

ケルセチンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用が非常に強く、
さらに脂肪の吸収を抑制し、排出をサポートする、という作用もあります。

 

また、玉ねぎにはカリウムも豊富なので、
余分な塩分排出による血圧コントロールの効果も期待できますよ。

 

玉ねぎはサラダに入れるのがおすすめ!?

玉ねぎは本当にすごい血液サラサラ成分を数多く含んでいる、
強い味方となるのですがこの玉ねぎの血液サラサラ成分を、

 

無駄なく摂るにはどうすればいいのかというと・・・

 

 

薄くスライスしてサラダに入れるなどして、生で食べるのがおすすめです。

 

なぜかというと・・・におい成分の硫化アリルと、
辛み成分の硫化プロピルの効果を損なわないためには、
生の状態が一番理想的だからです。

 

薄くスライスして、ドレッシングをかければ食べやすいですよ。

 

ちなみに、ドレッシングに含まれているお酢は、
硫化プロピルの変質を抑えてくれるという嬉しい作用も持っていますので、
そういう意味でも「サラダとして食べるのが一番」ということになります。

 

あと、サラダとして玉ねぎを食べる人の中には
「スライスした玉ねぎを水にさらす」という人もいますが、これは厳禁。
せっかくの有効成分が水に溶けだして、無駄になってしまいますよ。

 

加熱するなら汁も残さず!

というわけで、玉ねぎは生で食べるのがおすすめなのですが、
「生ではやはり食べにくい」という人もご心配なく。

 

玉ねぎの血液サラサラ成分は、
加熱しても「汁まできちんと残さず摂取する」
ということを心がければ、じゅうぶんにその恩恵を受けることができます。

 

ですから、玉ねぎを加熱するなら、スープやみそ汁の具として
「汁ごと全部いただく」という手段にするのがおすすめですね。

 

炒め物に玉ねぎを使う場合は、
「フライパンに残った汁を、盛り付けた炒め物の上にかける」
という形にして、少しでも汁を無駄にしないようにしましょう。