お酢が中性脂肪値にいかにアプローチするか?

お酢のサラサラ血成分

では、お酢のどんな成分がサラサラ血作りに役立ってくれるのか、まずはそれを見てみましょう。

 

お酢の成分としてまず注目したいのが、酸っぱさの元となっているクエン酸。

 

クエン酸は「疲労回復効果」が広く知られていますが、実は血糖値やコレステロール値・血圧の上昇を抑制する作用もあるのです。

 

そして、お酢にはカリウムも含まれていますので、余分な塩分を排出して、血圧コントロールにも役立てられます。

 

さらに、お酢に含まれている数々のアミノ酸は、脂肪燃焼の効果が高い、というメリットを持っています。
つまり、中性脂肪やコレステロール値の上昇抑制につながりやすい、ということですね。

 

特に黒酢には、アミノ酸が非常に多く含まれているので、「サラサラ血作りに特に役立つお酢」と言えますよ。

 

お酢の摂取の仕方

というわけで、お酢はサラサラ血作りにとても役立つ存在・・・と言えるのですが、お酢の摂取は、どのようにすればよいのでしょう?

 

まず、もっともおすすめなのは「黒酢を飲むこと」です。
1日あたり大さじ2杯の黒酢を飲めれば、それが一番です。
ただし、お酢は胃液の分泌促進を強烈におこなう作用も持っていますので、人によっては「お酢をそのまま飲むのは刺激になる」というケースも。また、「お酢の味が気になってそのまま飲むのがキツい」という人もいるでしょう。

 

そんな場合は、オリゴ糖やハチミツで甘みづけをすると飲みやすくなりますよ。

 

それでも「やっぱりお酢を飲むのはきつい」という人は、料理にお酢を使いましょう。
お酢そのものを使わなくても、ポン酢やドレッシングなどを使えば、それでもお酢を摂取できます。

 

「醸造酢」を選ぼう!

さて、サラサラ血作りに役立ってくれるお酢ですが「お酢ならなんでもいい」というわけではありません。

 

実はお酢には「醸造酢」と「合成酢」があるのですが、合成酢だとアミノ酸の恩恵がほとんど受けられない、というデメリットがありますので、醸造酢を選ぶようにしましょう。もっとも、今の市場は完全に醸造酢が優位となっていますので、心配しなくても「合成酢をつかまされてしまう」というリスクは、それほど高くはありませんけどね。