中性脂肪を下げる生活習慣記事一覧

さて、このサイトでおこなった「中性脂肪値を上昇させる生活習慣」でのチェックにおいて、当てはまる項目があった人は、具体的にどのように生活習慣の改善をすればいいでしょうか。ここではそのアドバイスをしていきましょう。体を動かす習慣をつけよう!「運動は特に何もやっていない」「階段を使わず、エレベーターやエスカレーターを使う」「徒歩で行ける距離でもタクシーやバスなどをついつい使ってしまう」といったことをやっ...

身近なものを使って自宅でできる!サラサラ血のための薬湯湯船入浴というのは、大きな健康効果を持っていますが、できれば、その健康効果をさらにパワーアップさせてみませんか?いつもの入浴剤を使うのではなく、身近にあるものを使って「薬湯」を作れば、より「サラサラ血作りに役立つ湯船入浴」ができるようになりますよ。というわけで、自宅で気軽にできる「サラサラ血作りの薬湯」をいくつかご紹介しましょう!■えっ!?塩を...

血行改善の手段と言えば、「ツボ刺激」もとても有効な手段です。なんと言っても、ツボ刺激は「気軽にタダでできる」「手順の難しいマッサージよりも覚えやすい」といった、大きな利点を持っていますからね。利用しない手はありません!というわけでここでは、血行促進に特に役立つツボを、いくつかご紹介しましょう。足裏のツボ刺激は血行促進の基本!自宅でやるツボ刺激としてもっともおすすめなのは、足の裏のツボ刺激です。足の...

寝つきが悪かったり眠りが浅かったりすると、それがストレスになってしまうだけでなく、「細胞の新陳代謝もスムーズにいかない」ということで、ドロドロ血を招きやすくなってしまいます。しかし、寝つきと睡眠の質を高めれば、心身の疲れが取れてストレスも軽減、さらに細胞の新陳代謝もスムーズで元気な血管や血液細胞が生まれるようになる、といいことずくめ。ぜひとも、寝つきと睡眠の質を改善するコツをマスターしておきましょ...

冷えはドロドロ血を招く要因のひとつとなってしまうので、何としても避けたいものですが、「寒い季節の冷え対策」はしっかりやっている人でも「夏場の冷房による冷え」には無防備、というケースが多いんですよね。冷房による冷えなんて大したことない、と思っている人も多いですが、「無意識のうちにじわじわ冷える」というだけに、実は思った以上に健康への害が大きいものなんですよ。冷房による冷えから、賢く身を守っていきまし...

サウナというのは、実は、単に「汗をかいてデトックスできる」というだけではなく、サラサラ血作りのために有効な手段です。温熱刺激によって、血管が拡張しやすくなるため、血圧のコントロールと血行促進に役立ち、さらに新陳代謝を促進する作用まで期待できるという、かなりのスグレモノなんですよ。しかし・・・サウナは使い方を間違えると、危険なのも事実。死亡事故なども時々起こっていますからね。サウナの正しい利用法では...

サラサラ血作りに役立つ、正しい入浴法は、以下のとおりです。1.お湯の温度は夏場なら37〜38℃、冬場なら40℃程度にする。2.寒い季節は、湯船に入る前に、足元から腰・体の順にかけ湯をする。3.湯船に浸かる時間は10分程度。4.水道水の塩素を中和するために、入浴剤などを入れる。5.湯船に浸かっている時は、ゆっくりとした深い呼吸を心がける。6.入浴の30分前にコップ1杯の水分補給をしておく。7.飲酒を...

寒い季節は、どうしても「寒さによる血管収縮」が起こり、血圧が上昇しがちです。そして、寒さによる血管収縮の多くは、足先や手先など、末端の毛細血管から起こり始めます。そうした毛細血管から及ぶ冷えの改善におすすめなのが足浴と手浴。足先・手先だけを温めるのではなく、そこからじんわりと下半身全体・上半身全体まで温かさと血流促進の効果が伝わる、というのが大きなメリットです。足浴・手浴のやり方それではさっそく、...

日本人は、世界一のお風呂大好き民族。お風呂に入ると、心身の疲れが楽になるような気がしますよね。しかし・・・そんなお風呂も、利用法を間違えるとドロドロ血を招く原因となりかねません。というわけでここでは、「やってはいけない危険な入浴法」についてお話ししましょう。ドロドロ血を招く、やってはいけない入浴法ドロドロ血を招く、やってはいけない入浴法は、以下のとおり。1.湯船入浴をせず、毎日シャワーで済ませる。...

とにかく体全体をとことん温めて、体内の血流を良くしたい人におすすめなのが、「おなかと背中への、カイロダブル貼り」です。服の上からカイロを、まずは「おなかの、おへそを中心とした位置」に当てます。次に、お腹にカイロを貼った、ちょうど裏側部分にあたる背中の位置にも、服の上からカイロを貼ります。つまり、お腹を中心に「カイロのサンドイッチ状態」を作るわけですね。これをやると、単独でカイロを使うよりもはるかに...

活性酸素を大量発生させ、血管の細胞をさびつかせる大きな原因となってしまうもののひとつが、ストレスです。できればストレスを受けること自体をなるべく避けたいものですが、それは現実問題としてほぼ不可能ですよね。だからこそ、サラサラ血実現のためには、「ストレスを受けても、それをいかにうまく鎮めるか」というのが、とても大切なポイントになってきます。というわけでここでは、ストレスを上手に鎮めるためのコツをいく...