中性脂肪を下げる食事管理

;

 

このページでは、中性脂肪対策で一番重要な「食事管理」について説明していきます。
食生活が乱れている人はぜひ参考にしてみてください。

 

↑管理人が実践している中性脂肪対策はこちら

 

@糖質制限

今話題のトレーニングジムでも採用されている「糖質制限」
糖質制限とは簡単に言うと【炭水化物】や【砂糖】を抜く事です。
まずは糖質制限を始めるにあたり、NG食材・OK食材をまとめてみました。

 

NG食材
主食 ごはん・パン・うどん・そば・パスタ・粉物・はるさめなど
野菜

じゃがいも・さつまいも・かぼちゃ・くり
にんじん・ごぼう・たまねぎ
果物全般

調味料 砂糖・小麦粉・はちみつ・みりん・ソース・ドレッシング・ケチャップ
OK食材
肉・乳製品

牛肉・豚肉・鶏肉・ラム肉など
たまご・チーズ

魚介類全般
豆類 豆腐・納豆・枝豆・厚揚げ・油揚げ
野菜類

葉野菜(レタス・キャベツ・小松菜・ほうれん草)
ブロッコリー・カリフラワー・アスパラ・貝割れ大根
キノコ類・海藻類
アボカド・ゆず・レモン・いちご

調味料

塩・しょうゆ・油・お酢・だし
マヨネーズ

意外だと思われますが、肉や油、マヨネーズなどもOK食材に。
みなさんが思っている程、糖質制限は辛いモノではありません。

 

A食事方法

次に重要なのが、食事の方法。
中性脂肪を上げない食事スタイルを意識することが大切です。

 

@ゆっくりよく噛む
A食事は毎日決まった時間に
B食事は腹八分目まで

 

子どもの頃から言われている事ですが、
あなたは上記のような食事はできていますか?

 

ゆっくり噛んで食事をすることで血糖値の上昇が緩やかになり、
中性脂肪も上がりにくくなります。
今日からできる事なので、意識的に噛んで食事をしてみてください。

 

また、空腹を感じてから30分以上経ってから食事をするということも重要ですね。
なぜなら、空腹時は、中性脂肪が分解されている時間だからです。
中性脂肪が分解される時間をしっかり確保するだけでも、健康診断の結果は変わってくるはずです。

B中性脂肪を下げる食材を取り入れる

中性脂肪を下げるには、まずは食事内容を見直し肉や揚げ物の量を減らし、食事方法に気を遣うことが大事です。

 

「中性脂肪値が下がる食べ物」があれば、
もっと簡単に中性脂肪が下がるハズ。

 

その食材とは…
サバやイワシなどの青魚。

 

 

 

青魚に含まれているDHA&EPAは
血中中性脂肪値を下げる効果が期待できるのです。

 

実際、テレビでもその効果を裏付ける企画がありましたのでご紹介します。

中性脂肪が3分の1!?

その企画とは、お笑い芸人のガリガリガリクソンが、
1週間サバだけを食べて生活するというものです。

 

 


※朝日放送のごきげんブランニューという番組でした。

 

彼は身長176cm、体重108kgと巨漢で、
中性脂肪値も296と基準値の150を大幅に超えていました。

 

 

そして1週間、サバとウォーキング生活を続けた結果、
なんと中性脂肪値は296から77へと減少していたのです!

 

たった1週間で中性脂肪値が1/3に。
ちなみに体重も8kgぐらい減。

 

青魚が中性脂肪に効果があることを証明しました。

 

普通の方は毎日3食もサバを食べるなんて無理だと思うので、
1日のうち1食にでも取り入れていければいいですね。

 

 

サバやイワシなどが苦手、
もっと手軽にDHA&EPAが摂りたい!

 

今、中性脂肪対策アイテムとして非常に注目されている
DHA&EPAサプリメントを飲用するのも一つの手ですよ。

 

関連:話題沸騰中のDHA&EPAサプリ「きなり」

 

この3つのポイント抑えた食生活を送ることで、
中性脂肪を効率よく下げる事が期待できます。

 

どうでしょうか?

 

全てを実行に移すのは大変かもしれないので、
@糖質制限
A食事方法
BDHA&EPAの摂取

 

のどれか一つでも試してみてはいかがでしょうか。

 

きなりとは?

1日のDHA&EPAの推奨摂取量が摂れるとして
注目を浴びているのが「きなり」です。

 

EPAとDHAを新鮮な状態で豊富に含んだサプリメントで、
食生活が乱れがちな人にとって心強い味方になります。

 

 

また、中性脂肪の減少、お腹の脂肪の減少にも

効果が期待できるとされ話題を集めています。

 

こちらのページでは、きなりを飲んでみた感想や
中性脂肪の変化をまとめています。

 

初回は1980円で購入することが出来き、その上、
全額返金保証サービスもついています。
カンタンに中性脂肪を落としたいのであれば、
1度は試してみても良いかもしれませんね。

 

 

中性脂肪を下げる3つの食事のコツ記事一覧

ここでは中性脂肪値を下げるための具体的な食事方法を紹介します。食材や調理法、食べ方を工夫してみましょう。まずはChek!こんな人は危険「揚げ物や肉の脂身など、油分の多い料理をよく食べる」「ごはん・パン・麺類など、炭水化物の多い食品を普通の量以上に食べる」「魚料理を食べる機会よりも圧倒的に肉料理を食べる機会のほうが多い」「野菜はあまり食べない」のチェック項目に該当した人は、栄養バランスが崩れている可...

中性脂肪が気になる人にとって、糖質の摂りすぎの原因となる間食はできる限り控えたいものです。ですが、仕事でストレスが溜まる分、どうしても間食を食べてしまうという人はどうすればいいでしょう?間食の適量を知ろう仕事でのストレスを、間食で緩和している人にとって、「間食を完全にやめる」というのはストレスを増大させてしまうことにも繋がりかねません。そんな場合は、「200キロカロリー程度までの間食」を許容量と考...

糖質制限とは、その名の通り「食事の糖質を制限する」健康法です。糖尿病患者の血糖値対策のために提唱されている糖質制限ですが、体重減少も見込まれることからダイエット方法のひとつとしても人気になってきています。今話題のプライベートジムでもこの糖質制限のメソッドが使用されて多くの有名人がダイエットに成功していますね。糖質制限とは、簡単に言うと食事から炭水化物や砂糖などの糖類を抜くこと。糖質抜きの食事をする...

中性脂肪値を上昇させないためには、摂取カロリーオーバーになりがちな外食や飲み会を控えるのも大きなポイントとなります。しかし「中性脂肪が気になる人は外食や飲み会の楽しみすら持ってはいけない」という極論では、それはそれでストレスとなってしまいます。外食や飲み会は、いくつかの点に気をつけておけば、時々行くくらいなら問題ありません。というわけでここでは、外食や飲み会で中性脂肪値を上昇させないためのコツをご...

中性脂肪対策の補助的な役割として、トクホやサプリを利用してみるのもいい手です。医薬品とは違いますので、積極的な改善までは望めませんが、お守り代わりの存在にもなり得ますよ。中性脂肪対策に使えるトクホトクホ(特定保健用食品)とは、特定の効果を厚生労働省が認めた食品。たとえば「中性脂肪が気になる人に」と表示されているトクホであれば、中性脂肪値の上昇を抑える効果や、中性脂肪の代謝・消費を促す効果などが期待...

しかし中性脂肪を下げるためには、摂取カロリーを消費カロリー内に抑えることが大事ですが、それと同じぐらい食べる食材に気をつけることも大事です。例えば、カツカレーと幕の内弁当で同じカロリーを摂ったとすると、どちらが中性脂肪対策になると思いますか?答えは幕の内弁当。焼き魚や煮物などのおかずが豊富に入っていて、いろんな栄養素の摂取が期待できるからです。カツカレーだと、肉や油の脂質とご飯の糖質がメインになっ...

「お酒を飲みすぎる人は、中性脂肪値が高くなる」などという趣旨のことが健康番組で言われることがよくありますが、これは本当のことです。しかし、お酒との上手なつき合い方をマスターすれば「お酒=中性脂肪上昇を招く、完全な悪」というわけではありません。ここでは体に負担をかけないお酒の飲み方を紹介します。少量のアルコールは血行促進に役立つ!中性脂肪を気にするのであれば、一番念頭に置くことは「飲みすぎないこと」...

「ちょっと口さみしい時」などに、ガムを噛んでいる人は多いと思いますが、できればそれを、「歯ごたえのある、ナッツを噛む時間」に変えてみませんか?なぜなら・・・ナッツ類というのは、実は意外なほどにサラサラ血作りに役立つ成分が豊富な存在だからです。ナッツ類の血液サラサラ成分ナッツ類にはどんな血液サラサラ成分が含まれているのかというと・・・おもな成分としては、以下のようなものが挙げられます。ナイアシン(脂...

ニンニク、というと、「スタミナをつける」というイメージがありますが、実はかなりの血液サラサラ効果もあることをご存知ですか?ただし、血液サラサラ効果はあるものの、食べ方を間違えるとリスクがあるのも事実です。ここでは、ニンニクのサラサラ効果と、リスクを避けて効率よくサラサラ効果だけを得るための食べ方をご紹介しましょう。ニンニクの血液サラサラ成分ニンニクに含まれる血液サラサラ成分の中でも、特に強烈な作用...

DHA(正式名:ドコサヘキサエン酸)には、以下のような血液サラサラ作用があります。血圧のコントロールをする。中性脂肪を減らす。血栓を作らないようにする、溶かす。細胞の働きを活性化させて元気にする。EPAのサラサラ効果では次にEPAのサラサラ効果も見ていきましょう。EPA(正式名:エイコサペンタエン酸)には、以下のような血液サラサラ作用があります。血管を拡張させる。中性脂肪を減らす。コレステロールを...

なぜ、就寝前と起床後の水分補給が特に重要なのかというと・・・睡眠時というのは、ドロドロ血になりやすい状況だからです。汗や呼気などで、ひと晩のうちに、コップ2杯分近い水が、私たちの体から失われるんですよ。この分を補うために「就寝前と起床時の1杯=合計2杯」で調整するわけです。「夜中にトイレに行きたくないから就寝前の水飲みはしたくない、そんなことをしなくても、のどが渇いた時に水分補給をすればいい」と思...

あなたは、ティータイムにどんなドリンクを飲んでいますか?日中の「リフレッシュのためのティータイム」なら、コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料を飲むのもいいでしょう。しかし、夜の「リラックスのためのティータイム」にはカフェイン飲料は不向きですし、もちろん砂糖たっぷりの清涼飲料水なんてもってのほかです。せっかく何か飲むのなら、サラサラ血作りに役立つものを飲みましょう!というわけでここでは、サラサラ血作り...

では、海藻類にどんなサラサラ成分があるのか、さっそく挙げていきましょう。まずは、海藻類の「ヌルヌル感」を出している成分であるアルギン酸。このアルギン酸には、血糖値・コレステロール値・血圧の抑制作用があります。次に、ヨード。脂肪や糖分の代謝を促進することで、中性脂肪や血糖を抑制するのに役立ちます。また、カリウムや、アミノ酸であるアラニン・ラミニンは、いずれも血圧のコントロール作用を持っていますので高...

まずは、納豆にどんな血液サラサラ成分があるのかを見ていきましょう。納豆の血液サラサラ成分として、もっとも強力で有名なのは、何と言ってもナットウキナーゼ。納豆菌から出る酵素の一種なのですが、このナットウキナーゼはすさまじいほどの血栓予防・溶解効果を持っています。血栓を予防するだけではなく、少々の血栓ぐらいなら溶かして流してしまう、というほどの、他にはないほどの高い効果を持っていますよ。また、ナットウ...

お酢のサラサラ血成分では、お酢のどんな成分がサラサラ血作りに役立ってくれるのか、まずはそれを見てみましょう。お酢の成分としてまず注目したいのが、酸っぱさの元となっているクエン酸。クエン酸は「疲労回復効果」が広く知られていますが、実は血糖値やコレステロール値・血圧の上昇を抑制する作用もあるのです。そして、お酢にはカリウムも含まれていますので、余分な塩分を排出して、血圧コントロールにも役立てられます。...

サラサラ血作りのために、おすすめのきのこはこれだ!きのこ類の中でも、サラサラ血作りのために特におすすめなのは何かというと・・・ズバリ、きのこ類の中でももっともメジャーな存在である、しいたけです。なぜ、しいたけがおすすめなのかというと、実はしいたけのカサの部分に、エリタデニンという成分が特に豊富に含まれているからなんですよ。エリタデニンはなんと、中性脂肪・コレステロールを減らすだけでなく、血圧のコン...

サラサラ血実現のためには、ビタミンやミネラルが豊富な野菜をたっぷりと食べることが大切。厚生労働省が「1日350グラム以上の野菜を食べましょう」と推奨していることからも、その健康効果がうかがえますね。野菜の中でも特に栄養価が高いのが、色の濃い「緑黄色野菜」なのですが、その緑黄色野菜の中でも、「サラサラ血作りに特に役立つスグレモノ野菜」を選んで、積極的に食べていきたいものです。というわけでここでは、サ...

ではまず、玉ねぎにどんな「血液サラサラ成分」が含まれているのかをご紹介しましょう。硫化アリルまず、玉ねぎの血液サラサラ成分の中でも、特に注目したいのが、玉ねぎのにおいの元となっている成分・硫化アリル。硫化アリルそのものに血栓予防効果があるだけでなく、「ビタミンBの働きをサポートし、その効果の持続時間を長くしてくれる」という作用もあります。ビタミンBは、糖分の代謝を促進させて血糖値上昇を抑えてくれる...

数ある果物の中でも「最強の血液サラサラ果物」としておすすめなのが、メロンです。実際に、メロンのエキス等を使った実験等で、血液サラサラ効果が出たという趣旨の実験・研究効果が、何度か医学関係者から出ているほどですよ。メロンにはククミシンという酵素が豊富に含まれているのですが、この酵素には、他の成分にはないほどの、高い抗血栓効果があると言われています。血栓を予防するには、最適の成分と言えますよ。また、メ...

「真っ白なご飯」は避けよう!日本人の主食と言えば、何と言ってもお米。白く精米されたお米は炊き上がるとツヤツヤのおいしそうなご飯になり、食欲をそそるものですが・・・ちょっと待って下さい。サラサラ血を目指すなら、「真っ白なご飯」はおすすめできません。なぜなら、真っ白なご飯というのは、ハッキリ言えば炭水化物ばかりで、サラサラ血作りに役立つビタミンやミネラル等はほとんど入っていませんからね。そうした成分は...

「おやつ」というのは、1日の楽しみのひとつでもありますが、基本的には栄養バランスがきわめて悪く、栄養的には「体にとって害になる」というものが圧倒的に多いのも事実。少なくとも「健康作り、サラサラ血作りに役立つ」というイメージはありませんよね。ですがおやつも、選びようによっては、サラサラ血作りに役立つのです!どうせおやつを食べるのなら、サラサラ血作りに役立つものを選びましょう。暑い日のおやつは、ところ...

中性脂肪値は絶食したら下がる、なんてそんな簡単な話があるのでしょうか。あるんです。確かに、中性脂肪値は絶食をすることで一時的に下がります。そもそも、中性脂肪は食事を原因に体内に流入する「外因性」と肝臓が中性脂肪を生成しそれを血中に放出することを原因に流入する「内因性」の2種類が存在します。外因性の中性脂肪はすぐに影響を及ぼすこともあって、血液検査で中性脂肪値を検査する際には12時間以上の絶食が必要...

中性脂肪が体内で増加すると、病気の原因になることはもう皆さんご存知かと思います。ついつい、「油は太るからカラダに悪い!」「なるべくオイルカットしないと!」と油を目の敵のように扱い、食生活から極端に排除してしま人が時々いらっしゃいます。太りたくないし、病気になりたくない、という気持ちは大変良くわかるのですが、「油」もカラダに必要な栄養素の一つで、カラダを動かすエネルギー源になったり、細胞の調子を整え...